スマートフォン版に切り替える

トップ指導者&選手特集

早稲田大学 軟式庭球部(ソフトテニス) 平久保 安純選手
早稲田大学 軟式庭球部(ソフトテニス)
平久保 安純選手 インタビュー

現在、ソフトテニス日本代表チームで活躍中の、小林奈央(早稲田大)。その小林のダブルス・パートナーに抜擢されたのが、なんと1年生の平久保安純だった。
もちろん、それだけの実績と実力が認められてのことだ。母の影響でテニスを始めた平久保は、小学時代に既にその才能を開花させ、全国大会を制している。中学はテニスの強豪和歌山信愛に進み、ここでも全国大会春夏ダブル優勝などの偉業を達成、高校ではシングルスも制して、県内初の高校生ナショナルチーム入りを果たした。
そんな平久保だから、1年ながら小林とのペアをまかされることになっても納得なのだが、本人にはさすがにプレッシャーもかかっているらしい。だが、今年のインカレでも、3連覇のかかる小林を思って重責を感じながらの出場で、見事に結果を出してみせた。
話を聞くと、そんな心臓の強さは、結構持ち前のものでもあるらしい…。明るく可愛らしい表情の下に、不安を乗り越えていく気の強さを隠している。これからが楽しみな、期待の星だ。

取材日:2014年8月22日

―1年生で、小林選手とペアを組むことになったんですよね。最初はドキドキしましたか?
始めは1年生同士でペアを組んでたんですけど、急に6月くらいから小林先輩と組むことになって…。「え、、、?」て感じでした(笑)。
―後衛同士ということですよね。
はい。小学校のときからずっと、前衛をつけずにずっと後衛2人のペアでやってきました。
―テニスは小学校のときから?
はい。1年生から。
―やはり、それくらいからやっていないと、ナショナルチームには入れないんですね…。
いや、でも、中学校から始めてナショナルチーム、という人も何人かいます。
―始めたきっかけは?
母が中学のソフトテニスのコーチをしてたから、そこに良く行っていたこと。
―テニス一家で、始めるべくして始めたという感じですね。「お、私ってうまいな」とか、思いましたか?(笑)
(笑)、えー、始めはただ楽しいからやってる感じでした。そこからジュニアとかもいれてもらって…。ジュニアの先生凄く厳しくて…。
―泣かされた?(笑)
(笑)、いっぱい教えてもらいました。
―平久保選手でも、やめたいと思ったことはたくさんありますか?
あー、ありますね。怒られても、調子悪くて全然うまくいかないときとか、やめたくて…。中学校上がるときも、ほんとは「テニスやらない」と言っていた(笑)。
中学から高校になるときも「もうやめる」と言っていたけど…。でもなんだかんだやってしまって、今に至ってます(笑)。
―今までで一番の思い出は?
今年のインカレもそうだけど…。中学のときに、春夏の全国大会両方で優勝できたことかな。
―ダブル優勝。そのころから、自分はテニスとずっと付き合っていくのかな、という気がしていた?
はい。テニスやらなかったら逆に、何してるんだろうという感じだったから、やるしかないなと…。
―インカレの感想、反省点などは?
インカレ前までに、東インカレとか、一般の大会とかも小林さんと組んで出させてもらったが、全然勝てなくて…。ほんとにそれが、トラウマ。
インカレで小林さんは3連覇かかっていたから、不安も結構あった。でも、自分で、やると決めた。やることがはっきりしていたから、試合でも自信もってできたかなと思った。
―やはり、小林選手のパートナーというのは、プレッシャーがかかるものでしょうね。
やはり、日本代表ということも、凄く「わー…。」となるんだけど、去年、おととしと優勝されているので…。その分プレッシャーが。
―今年のインカレから得た、自分なりの課題とかはありましたか?
今はダブル後衛という陣形なんですけど、やはり雁行陣という前衛つけてやるほうも、もっとしっかり取り組んでいかないといけないなと思った。
あと、みんなボールが速いので、豪打タイプの人たちに対しどうやって戦うかということを考えていかないといけないなと。
―早稲田に決めたきっかけは?
小林さんがいるということは、やはり大きかった。
あと、他の大学に比べて、ナショナルチームとか全日本アンダーとかに入ってる人も多くいたので、いい環境でできるのではないかと思った。
―ナショナルチームでの感想は?
一番若いほうの年代なので、上の人を見て。合宿に参加するだけで勉強になる。
私生活も、オンとオフの切り替えが凄かったり…。やるときは集中して凄いし、やはり見習っていかないといけないなといつも思いながら参加している。
―テニス選手として、自分の一番の強みは何だと思っていますか?
やっぱり、他の人に比べてボールが速いわけではないので、配球とか…。
球種なども他の選手よりもいろいろ使えると思うので、相手との駆け引きを大事にしてます。
―技巧派、頭脳派なわけですね。今後の、個人的な最終目標は?
やはり日本代表に入って、アジア大会とかいろんな大会に出てみたい。
―まだ考えられないと思うけれど、引退したあとは指導者になってみたいとか、そういう夢はありますか?
うーん…。全然何も考えてないけど、とりあえずテニスから離れてみたいな、っていうのは、ちょっと思う(笑)。
―(笑)、小林選手もそう言ってました。普段、オフの日は何しているの?
ひたすら家でゴロゴロしてるか、それか、都内なので買い物に行ったり。
―全国の後輩たちに、たとえばスランプに陥った時はどうしてきたかとか…何かアドバイスがあればお願いします。
えー…自分は中学の時はほんと適当だったからなあ…(笑)。
小学校のときからずっと、怒られても、へこむことはへこむけど、そこからは開き直って「やってやる」みたいなそういう感じだったので…。
だから、怒られても考えすぎないように…。ちょっと受け流す感じで、若干適当なほうが(笑)気持ち的に楽だと思う。自分はそうやって乗り越えてきました。

ページTOPへ

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

当サイトは個人情報保護の為、
SSL暗号化通信を採用しております。