スマートフォン版に切り替える
ゴルフのルールとマナー
  • ゴルフのルールとマナー
  • ゴルフのルールとマナー

画像をクリックして拡大イメージを表示

ゴルフのルールとマナー

DVD 全1枚セット

演:

石渡 俊彦・関根 麻衣子

収録時間:
62分
商品番号: GO-R1
セット価格: 3,780円 (税込)
レビュー: この商品のレビューを見る・書く

ゴルフを「最大限に楽しむ」ためにはどうしても知っておきたいルールとマナーがあります。

2012年のルール改正に対応して制作されたDVD
「ゴルフのルールとマナー」では、ストロークプレーにおいてプロ・アマチュアを問わず、全てのゴルファーに知っていただきたいルールについて詳しく紹介しています。
アドレスや誤所からのプレー、ハザード内での修正等の改正も大変解り易く解説しており、難しいと思われるルールも映像を見ることでしっかりと理解できます。
また、ルールを知ることで確実にスコアが縮まることは勿論、マナーを知ることで楽しくプレーができますので、ゴルファー必見のDVDとなっております。

発売:2012年

出演:石渡 俊彦
1965年千葉県出身。
プロゴルファー&フィジカルトレーナー。
95年プロテスト合格。2004年「レッスン・オブ・ザ・イヤー」を受賞。
スポーツコンディショニング研究所及びゴルフスタジオf代表。

出演:関根 麻衣子
NHK番組「趣味悠々」で石渡プロのレッスンを受ける。
ゴルフ上達の為にヨガの勉強を始め、全米ヨガアライアンスを取得。
スポーツクラブ、ヨガスタジオでパワーヨガを指導中。

この商品のレビューレビュー数:0件

レビューは商品を購入した会員のみ行えます

各ディスクの内容

ティグラウンド編
  • ティ・マーカーより前の球を打った
  • ワッグルの途中球に当たった
  • OBかOBの可能性がある場合
  • 宣告をせずに暫定球を打ってしまった
  • ちがう場所のティから打った
  • 打順を間違えた場合
スルー・ザ・グリーン編
  • 球が見当たらない
  • 球が木の下にあって打てない
  • 球を拾ってふいてしまった
  • うっかり自分の球を蹴った
  • 枯れ葉を取ったら球が動いた
  • 同伴プレーヤーの球が邪魔で打てない
  • 球の後ろの芝をならした
  • 素振り中に枝を折った
  • 打った球が木に当たり 自分に当たった
  • 打った球が共用のカートに当たった
  • 6インチ・プレース
  • 他人の球を誤球した
  • アドレス後に球が動いた
  • 同伴プレーヤーの球を拾った
  • 球を見失った
  • ドロップすべきところをプレースした
  • OBだったのに元の位置に戻らなかった
  • 傷ついた球を替えたい
ハザード編
  • ハザード内の枯れ枝を取り除いた
  • レーキに球がくっついた場合
  • 球が自分のものか確認したい
  • バンカー内でボール同士が近い場合
  • クラブやレーキをバンカー内に置く
  • 打ったばかりのバンカー内で練習
  • バックスイング時 クラブが砂に触れた
  • レーキを引きながら歩いた
  • バンカーからOBを打った
  • バンカー内であきらかに打てない場合
  • 球がバンカー内の水溜りに入った場合
  • 池に入った時の処置の仕方は?
  • ハザード内の地面にクラブをつけた場合
  • ハザード杭が邪魔なとき
  • バンカーで同伴プレーヤーの球を打ってしまった
グリーン編
  • スパイクの跡を直した
  • パットのライン上に砂があったので払った
  • グリーンの外でパットの練習をした
  • マークを移動して元に戻さずリプレース
  • 近いほうが先に打ってしまった
  • ボールをかき寄せてカップインした
  • グリーン上に置いたピンに当たった
  • 自分の球が別の球に当たった
  • アプローチした球が別の球に当たった
  • 元の位置よりもカップに近づけてリプレースした

■誤表記と誤った説明につきまして(2点)

1. スルー・ザ・グリーン編【ドロップすべきところをプレースした】の映像において
本来「プレース」と表示しなければならないところが「リプレース」と表示されております。
以下訂正箇所となります。

<右上テロップ>
× ドロップすべきところをリプレースした
 ドロップすべきところをプレースした

<画面下テロップ>
× 次打の前に正しくドロップすればノーペナルティ
間違えてリプレースして打つと1ペナルティ
 次打の前に正しくドロップすればノーペナルティ
間違えてプレースして打つと1ペナルティ

2. スルー・ザ・グリーン編【球を拾ってふいてしまった】の映像において
球がその勢いで自ら地面に作った穴にくい込んでいるときには
「ホールに近づかない近い箇所へ置くことが出来る」と解説されていますが、
正しくは「ホールに近づかず、しかも球のあった箇所にできるだけ近いところにドロップすることが出来る」となります。

※2012年~2015年版ゴルフ規則、規則25-2より抜粋

上記の程、ご了承ください。