スマートフォン版に切り替える
より高いレベルの剣道を求めていくために  ~宮崎・大王谷中学の実戦心理を考える稽古~
  • より高いレベルの剣道を求めていくために  ~宮崎・大王谷中学の実戦心理を考える稽古~
  • より高いレベルの剣道を求めていくために  ~宮崎・大王谷中学の実戦心理を考える稽古~

画像をクリックして拡大イメージを表示

より高いレベルの剣道を求めていくために
~宮崎・大王谷中学の実戦心理を考える稽古~

DVD 全5枚セット

導:

本田 正治

技:
日向市立大王谷中学校
商品番号: KDE-D2
セット価格: 27,000円 (税込)
各枚価格: 5,400円 (税込)
レビュー: この商品のレビューを見る・書く
商品番号: KDE-D2
価格: 27,000円 (税込)
ポイント: 2,700ポイント

※1枚からのご注文は下記の各カートをご利用下さい。

平成15年、全国中学校大会初出場・初優勝という快挙を成し遂げた大王谷中。強豪がひしめきあう九州地区で鍛え抜かれた彼らの稽古を紹介するDVDビデオの登場です。このチームをわずか3年で中学剣道の頂点に導いた本田正治監督が稽古内容を徹底解説します。今練習している技は試合においてどういう状況に必要なのか? また、どうしてそのような打ち方をするのか? どうすれば自分が有利になれるのか? など実戦に繋がるさまざまなアドバイスを多数収録。初級者から上級者まであらゆるレベルの剣道において、試合で勝つことを目指していくためにオススメのDVDビデオです。

発売:2005年

各Discの内容

トレーニングと体さばき

剣道に必要な基礎体力を養うために年間を通して行なっているトレーニング、体さばき・足さばきを収録。動体視力や瞬発力を高めるために、独特のトレーニング法を取り入れています。足さばき・踏みこみについては、正しい足の動きが確認できるよう工夫された練習を紹介します。(26分)
●ラダーを使って足先を強化する ●ボールに反応してさばく ●上半身を鍛える(腹筋・背筋)
●サークルを利用した円運動の足さばき

商品番号: KDE-D21
価格: 5,400円 (税込)
ポイント: 270ポイント
基本打突と受け方その1

素振り・面打ちを中心とした基本打突の稽古を紹介。手首を使いきる素振りを身につけるには?また“中心をとること”を練習するユニークな方法とは?肩,肘,手首,足,竹刀・・・それぞれを有効に活かした打突ができるようにわかりやすく説明します。(30分)
●棒振りにならない面打ちのポイント ●1本の打突と2本連続の打突 ●面~胴への跳躍素振り
●面の押し込みと足の運び

商品番号: KDE-D22
価格: 5,400円 (税込)
ポイント: 270ポイント
基本打突と受け方その2

5人一組になって実戦的に行なう練習、体当たり・胴打ち・小手打ちの練習に必要な心構えを丁寧に解説。「必ず試合の意識を持つ」「初太刀をしっかり打つ」「間合いの攻防をする」ということを徹底させ、緊迫感ある稽古を展開しています。(37分)
●次の技に繋げる体当たり ●胴打ちにおける手と足の使い方 ●5人組でチームワークを高める
●合理的に小さく小手打ちするには?

商品番号: KDE-D23
価格: 5,400円 (税込)
ポイント: 270ポイント
ひとつの技から仕掛ける

仕掛け技は「どのような状態の時にどの技で仕掛けるか」「個々の技がどんな相手に通用しやすいか」を考えることが大切。旗があがりやすい打突をするには?また“鍔競り合いの心理”と“引き技”の関係とは?常に実戦を想定した“仕掛け技”の稽古を紹介します。(36分)
●遠間から面,近間から面 ●小手で仕掛けてよけたところを右面・左面 ●払って面,はたいて面が有効な相手
●相手の視界からいなくなる引き胴

商品番号: KDE-D24
価格: 5,400円 (税込)
ポイント: 270ポイント
どこを打たせてどう応じるか

応じ技、応じ技と仕掛け技の連続練習を紹介。面・胴・小手・引き技に対して、それぞれどう応じればよいか?相手の打つ出鼻に応じるために意識する足の動き、相手に悟られない胴打ち、5人で応じ技の連続練習をするときの留意点など。(36分)
●面抜き面が必要になるケース ●引き技に応じるタイミング ●小手に応じる2パターンとその使い方
●自分達の発想で技を組み立てる

商品番号: KDE-D25
価格: 5,400円 (税込)
ポイント: 270ポイント

この商品のレビューレビュー数:1件

レビューは商品を購入した会員のみ行えます

★★★★ひとつの技から仕掛ける2016/01/24 投稿者:剛
実戦向けの練習内容が豊富に紹介されています。もう少し、一つ一つの技を時間をかけて紹介してもらえるとありがたかったです。試合の色々な場面を想定した上での技練習なので、これらを反復練習し、試合で試すことによって精度を高めていければいいかな、と思います。実際、「近間からの面」で紹介されていた面打ちで一本をとれた選手は、近間での攻防は以前に比べて、自信を持って展開できるようになりました。

この商品をチェックされた方は、こちらの商品もおすすめです