スマートフォン版に切り替える

the 指導者

桐蔭学園 女子柔道部 廣川 真由美監督
桐蔭学園 女子柔道部
廣川 真由美監督
―監督にとって柔道とは
柔道即生活。生活即柔道。
柔道は生活の一部。単なる部活動として捉えていません。柔道と出会い私の人生は大きく変わり、考え方や人格までも変えてくれました。柔道は非常に厳しいスポーツです。心・技・体全てを整えなければ勝つことが出来ません。心・技・体を整える即ち己を律し成長しなければならないのです。
―監督の指導者としての信念
“柔道を学ぶのではなく柔道から学ぶ”ということ。
ただ強い柔道の選手を育成するのではなく、人として女性として社会に役立てる人材を柔道を通じて育てる。
―これまで選手育成・チーム作りにおいて、独自に工夫されてきたこと
「基本が大切であると生徒には教えています」特に工夫していることはありません。とにかく基礎基本を大切にすること。
初心者の生徒でも経験者でも、基本を大切に出来ない者は必ずつまずき、そこから立ち上がれなくなる。基本を徹底して身につけること。
―選手を指導する上で常に目指していること
部活動中では自らが生徒と組み、技のコツをアドバイスすることも…生徒たちには、将来女性の指導者としても活躍してほしいという気持ちがある。従って、細やかな指導を常に心がけている。全ての練習に意味があるため、その意味をよく理解させ、とにかく基本をしっかりやる。また、頭を使いその場その場で瞬時に考え判断、行動出来る選手を育成すること。
―このDVDを見る全国の指導者にメッセージ
(選手へのアドバイス)
基本を大切にして下さい。

発売:2015年
桐蔭学園女子柔道部 廣川監督に柔道に対しての熱い思いを語っていただきました!
廣川監督が指導されているDVDはこちらでご覧いただけます。 桐蔭学園高等学校の女子柔道
~選手が強くなる基本と基礎~

ページTOPへ

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

当サイトは個人情報保護の為、
SSL暗号化通信を採用しております。