スマートフォン版に切り替える

トップ指導者&選手特集

文大杉並高校 上田理央選手/宮下真緒選手ペア インタビュー

(左)宮下 真緒 (右)上田 理央

2016インターハイ ソフトテニス女子個人 準優勝
文大杉並高校
上田 理央/宮下 真緒選手ペア
インタビュー

1年生からレギュラーメンバーに入り、野口監督に「今後の成長がとても楽しみ」と言わしめた二人。
入学から2年が過ぎ、念願のインターハイ団体優勝のタイトルを野口監督にプレゼントした二人が今思うこととは。

取材日:2016年8月9日

―インターハイお疲れ様でした。個人準優勝おめでとうございます。
3年生ということもあり、今回のインターハイは特別な気持ちで臨まれていたのではないかと思いますが、振り返ってみていかがでしたか?
上田:高校一年生から自分と宮下(真)は団体のレギュラーメンバーに入れさせてもらって、一年生、二年生と二回とも和歌山信愛にずっと負けていて、今年が最後のチャンスでリベンジを果たすことができるし、この二年間の悔しさをぶつけないとだめだと思って。。。
―打倒 和歌山信愛という気持ちで臨まれました?
上田:はい。
―宮下(真)選手はどうですか?
宮下:いつも勝てそうで勝てなくて、団体最後危なかったんですけど、みんなで勝ちたいという気持ちがあったので勝てました。
―インターハイに向けて、二人で強化して練習されたことってありますか?
上田:二人で一本をしっかり入れること。あとはサーブレシーブで崩れないように。相手がすごい向かってくるので、しっかりファーストを入れないと攻められるので、そこをしっかり鍛えてきました。
―最後の個人決勝は同校対決でしたが、どのように感じました?
上田:団体で戦ってる仲間で、外に行くと文大の仲間が一番やりにくくて。。。すごい良いライバルで。
―宮下(真)選手にとっては、決勝は姉妹対決となりましたが、どう感じましたか。妹さんには負けたくないという想いが強かったのではないかと思ったのですが、どうでしたか。
宮下:そうなんですけど。やっぱ、3-0になったときに、0で終わるのは恥ずかしい、、、(笑)
上田:あのセンターコートの大舞台なのでかっこ悪いので、「ゼロでは負けられないよね!」って(笑)
恥ずかしそうにしながらも肩を組んでくれた二人
―あそこ(3-0)からの巻き返しは意地が感じられました。ファイナルセットまでどちらが勝つか分からない激しい戦いでしたが、体力的にはいかがでしたか。
宮下:去年より平気でした。
上田:コンディションの調整にも結構力を入れてもらったんで、去年の奈良よりはだいぶ楽でした。
―次の目標は国体になってくるかと思うんですが、3年生なのでもうすぐ引退ですよね。その後の目標を聞かせてください?
上田:自分は日本代表になって、世界で活躍できるような選手になりたいし、文大杉並でやってきたので、技術だけじゃなくて心が技術を超えるような選手を目指していきたいなと思います。
宮下:、、、日本代表です。
猛暑の中、国体に向けて練習を重ねる二人
ありがとうございました。今後も応援していますので、頑張ってください。

言葉少なげに話す二人でしたが、二人とも日本代表になることを目標としているところに、内に秘めているソフトテニスへの情熱を感じました。
きっと二人なら日本代表としてプレーする日もそう遠くないような気がします。これからもこの二人から目が離せません!

二人が実際に野口監督の下で実践している練習メニューはこちらから!

ページTOPへ