スマートフォン版に切り替える

the 指導者

流通経済大学付属柏高等学校 サッカー部 本田 裕一郎監督
流通経済大学付属柏高等学校 サッカー部
本田 裕一郎監督
―監督にとってサッカーとは
教職が本職ですが、人を育てる最高の教材と思っています。
その為にも、常に世界の戦い方、テクニック、勝負への執念等の情報収集と、それをアレンジして実践する。教師側にとっても、選手側にとっても最高の教材。
―監督の指導者としての信念
テクニックがなければ夢は叶わない
サッカーだけでは夢は叶わない
狂うほどに想わなければ夢は叶わない
―選手を指導する上で常に目指していること
  1. 上達しているかどうか
  2. 常に情報収集しながら自チーム選手のスカウティング。サッカーは日々変化している。
  3. 常に指導方法を変化、前進させていくよう心がけている
―特に力を入れていること
  • 当り前なことが当り前に出来る人間になれるようにする
  • テクニック(ボールを自由に操る。コントロールする)
  • 最終的にはタッチ数を少なくしていくこと

発売:2012年
流通経済大学付属柏高等学校サッカー部 本田裕一郎監督に
サッカーに対しての熱い思いを語っていただきました!
本田裕一郎監督のDVDはこちらでご覧いただけます。 ピッチには必ず敵がいる!
流経大柏の対人実践ドリル

ページTOPへ

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

当サイトは個人情報保護の為、
SSL暗号化通信を採用しております。