スマートフォン版に切り替える

the 指導者

武南高等学校 サッカー部 大山 照人監督
武南高等学校 サッカー部
大山 照人監督
―大山監督にとってサッカーとは
人生そのものである!!サッカーを始めたのは高校からで、友人に誘われて入部。
そのうちサッカーの魅力に取り付かれ、サッカーに拘わりたくて教師の道を選択した。選手たちが成長することで自らもより充実した人生を生きることができる。沢山の人々と出会い、頂点とは言わないまでも目標をクリアした時のあの清々しい達成感がたまらなく好きだ。
―大山監督の指導者としての信念
多くの仲間がいて、ライバルの存在があるから上手くなれる。
そして相手がいるからこそ試合という場が与えられるのである。
“相手を敬いフェアプレーの精神を!”目標を同じくする者同士、互いをサッカーマンとして尊重しあう基本的な精神を忘れてはならない。
―これまでの選手育成・チーム作りにおいて、独自に工夫されてきたこと
独創的な考えから創意工夫をこらす。
ゲームメイクやシュートシーン、フリーキック等のリスタート戦術にアイデアをこらし、イメージする。夢の中(布団の中)で具体的な完成形をシミュレーションし、それを実践する。
―チームを指導する上で常に目指していること
「昨日よりも今日、今日よりも明日」の成長を願いつつ、全力を傾けて可能性にチャレンジしたい。どうすれば個人の刺激になり、どうやればチームにフィットするのか、常に1個と全体の両方を意識し、試行錯誤の繰り返である。
―このDVDを見る全国の指導者にメッセージ(選手へのアドバイス)
日頃行なうトレーニングの一部です。グランドが狭いので、グリッド練習が多くなりますが、選手たちには意欲を持たせ繰り返しトレーニングをすることでレベルを維持しています。指導にはそれぞれに違う観点があって良いと思いますが、まずはやってみることです。わずかでも皆様のお役に立てれば幸いです。

発売:2013年
武南高等学校 大山照人監督にサッカーに対しての
熱い思いを語っていただきました!
大山照人監督のDVD はこちらでご覧いただけます。 名将 大山照人の
~ハーフコートで磨く攻撃的サッカー~

ページTOPへ

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

当サイトは個人情報保護の為、
SSL暗号化通信を採用しております。