スマートフォン版に切り替える

the 指導者

岡山県作陽高等学校 柔道部 川野 一道監督
岡山県作陽高等学校 柔道部
川野 一道監督
―川野監督にとっての柔道とは
スポーツとして、競技としてではなく、人間教育の1つの手段として捉えています。日本一を目指す中で「あきらめない心」「努力することの大切さ」「仲間を思う優しさ」「感謝の心」「苦しみに耐える強さ」など、人生において大事なことを生徒と共に学べる存在です。
―川野監督の指導者としての信念
日本の将来を担う若者を育成することが指導者としての信念です。
夢を持たせ、夢を追わせることで、人間力が養われ、その集合体がこの国の力になると考え、指導を行なっています。
―これまで選手育成・チーム作りにおいて、独自に工夫されてきたこと
心・技・体を全てにおいて高めることに努め、一つの種目の中に色々な狙いの要素を詰め込み、一石何鳥も狙うことを心掛けました。また、柔道やトレーニングにとらわれず、生徒に音楽を聞かせたり、映画を見せたり、野球の応援や祭りに連れていくなど、その時必要なことを色々試してきました。チームにおいては「作っては壊す」を繰り返し、少しずつチームワークと個の責任を強めていき、最後の夏の大会に最高の力を発揮させるようにしています。
―選手を指導する上で常に目指していること
日本一という目標を設定し、どのような状況でも自分に言い訳をさせないようにしている。また、柔道の結果としての日本一だけではなく、その過程や人間力を高めることを常に意識しています。
―このDVDを見る全国の指導者にメッセージ・選手へのアドバイス
「出来ない理由を探さない。他人が納得する言い訳を口にしない」
もしできない理由が見つかってしまった時は、だからこそやる意味があると切り替えて、夢を追い続けて欲しいと思います。

発売:2015年
岡山県作陽高等学校 柔道部 川野 一道監督に柔道に対しての
熱い思いを語っていただきました!
川野一道監督のDVDはこちらでご覧いただけます。 作陽高校柔道部 川野一道の指導ノウハウの結晶

ページTOPへ

当サイトは個人情報保護の為、
SSL暗号化通信を採用しております。