スマートフォン版に切り替える

the 指導者

埼玉栄高等学校 柔道部 本松 好正監督
埼玉栄高等学校 柔道部
本松 好正監督
―本松監督にとっての柔道とは
柔道は人格形成に最も役立つものだと考えられます。苦しいことや辛いことから逃げ出さず、立ち向かうことで一回りも二回りも人間的に成長出来ると考えます。
―本松監督の指導者としての信念
例え強くても人として駄目では何にもならない。
清掃や挨拶、返事など、基本的生活習慣を徹底させた上で、柔道の技術向上があると考えます。
―これまで選手育成・チーム作りにおいて、独自に工夫されてきたこと
練習などでけじめ、めりはりをつけて選手のやる気を引き出しています。疲れが出ている時などは休ませたり、レクリエーション的なものを取り入れて休養させ、やるときは集中的に取り組むようにしています。
―選手を指導する上で常に目指していること
選手一人一人の個性や内在する可能性をよく見極め、その選手の力を最大限に引き出し伸ばしてあげることを常に考え、指導にあたっています。
―このDVDを見る全国の指導者にメッセージ・選手へのアドバイス
今まで私が選手として経験したことや、指導者としての経験をDVDにまとめました。各指導者の指導法の中に何か参考にしてもらえることがあれば是非使ってもらい、その中でオリジナルの素晴らしい指導法を見出してください。

発売:2015年
埼玉栄高等学校 柔道部 本松 好正監督に柔道に対しての
熱い思いを語っていただきました!
本松好正監督のDVDはこちらでご覧いただけます。 必勝の極意 ~原点を磨く 本松マジック~

ページTOPへ

当サイトは個人情報保護の為、
SSL暗号化通信を採用しております。