四中工の奪い合うサッカー
~育成年代のディフェンスを見つめ直す~

DVD 全3枚セット

  • 四中工の奪い合うサッカー ~育成年代のディフェンスを見つめ直す~
  • 四中工の奪い合うサッカー ~育成年代のディフェンスを見つめ直す~
  • 四中工の奪い合うサッカー ~育成年代のディフェンスを見つめ直す~

画像をクリックして拡大イメージを表示

導:

樋口 士郎

技:三重県立四日市中央工業高等学校 サッカー部
撮影協力:
三重県菰野町教育委員会
大羽根運動公園 サッカー場(三重郡菰野町大羽根園並木通り4番地)
商品番号: FBS-D7
セット価格: 17,820円 (税込)
各枚価格: 5,940円 (税込)
レビュー: この商品のレビューを見る・書く

ディフェンスの目的である「ボールを奪う」「ゴールを守る」というテーマで、四中工を指揮する樋口士郎氏が解説!
現在は育成年代のめざましいレベルアップが見られる一方で、意図的にボールを奪うアグレッシブな動きが欠けている日本サッカー。このDVDでは「原則、組織、フィジカル」を大切にし、次のステップでも通用する選手の育て方を学んでいきます。

発売:2014年

実技:三重県立四日市中央工業高等学校 サッカー部
多数のプロ選手、代表選手、指導者を輩出し続けるサッカーの名門校。樋口監督のもと、常に頂点を視野に入れて闘い続ける。
【主な成績】
全国高校選手権出場 31回(優勝1回、準優勝3回、3位3回、4位1回)
インターハイ出場 27回(優勝2回、3位1回)
高円宮杯全日本ユース出場 3回
【主な卒業生】
・小倉隆史(元日本代表) ・中西永輔(フランスW-CUP出場)
・中田一三(元Jリーガー) ・坪井慶介(浦和)
・内田智也(横浜FC) ・西村弘司(名古屋)
・浅野拓磨(広島) ・田中優毅(北九州)
・田村翔太(福島) ・富田康仁(金沢)
・鈴村拓也(フットサル元日本代表) ・樋口靖洋(マリノス監督)
・阪倉裕二(栃木FC監督) ・島岡健太(関西大学監督)
・青木 竜(鹿屋体育大学監督) ・太田真司(吉備国際大学女子監督)
・平野直樹(履正社高校監督)

~このDVDを見る全国の指導者へメッセージ~
まず、私の指導に興味を持っていただけることに感謝申し上げます。私はこれまで様々な指導者や選手に巡り合い、研究をしてやってきました。皆さんの指導法や練習方法のきっかけになるDVDになることを願っています。

三重県立四日市中央工業高等学校 サッカー部監督 樋口 士郎

各Discの内容

Disc1「ボールを奪う!」 (65分)

最初の巻では、積極的にボールを奪っていくために必要なスキルを、段階を追って身に着けていく。
まずは、ボールとボールホルダー、そして自身のマークマンを決して見失わないためのディフェンスのポジショニング、ステップワークを確実に叩き込む。同時に、攻撃側に裏を取られたりしない視野も磨かれる。
続いて、1対1から5対5まで、徐々に人数を増やしながら、実際にボールを奪うタイミングを見抜き、かつボールホルダーに前を向かせずインターセプトのチャンスを作り出していく練習を行う。球際の強さを徹底的に磨き、奪った後の攻守の切り替えまでを網羅したメニューを披露している。
◎ハンドパスゲーム(5対5 + フリーマン)
◎セットのパスから1対1ラインゴール
◎セットのパスから2対2ラインゴール
◎4対4ライン or ゾーンゴールゲーム
◎5対5 + フリーマンラインゲーム

Disc2「ゴールを守る!」 (62分)

ここでは、ボールをなかなか奪えないとき、または奪ったがカウンターを食らったときなどに、ゴールを守り抜き失点を防ぐディフェンス・メソッドを学ぶ。
まずは1対1の状況で、個人的役割をしっかり練習。背面に控えているゴールの位置を意識、確認しながら、ボールホルダーへの間合いを寄せる。時間をかけさせながらゴールに対して出来る限り角度のないほうへ追いやり、最後はスライディングで相手のシュートを妨害する。
個人としての仕事を理解したら、次は2対2にキーパーを加えたドリル~ゲーム形式のスクリメージで、ゴールを守るためのポジショニングなどを身に着けていく。1人で3枚までカバーできる視野を体得し、かつ絞りすぎず離れすぎず、深さを取らないセカンド・ディフェンダーとしての適切位置など、論理的、合理的かつアグレッシブなディフェンスを目指す。
◎1対1の応対からスライディング
◎2対2 + GKのシュートゲーム
◎クロスからの2対3→3対3
◎3対4のディレイから4対4
◎ゲーム

Disc3「トレーニング」 (40分)

最終巻では、アジリティと筋力、体幹などを鍛えるトレーニングを紹介していく。
コーンとポールをセットし、座った状態から素早く立ち上がってそれを飛び越えたり、ジグザグステップをしたのちにシュートなど、随所に工夫がこらされている練習法は必見。体勢が崩れたり、長い距離を走ったのちなど、体にさまざまなストレスがかかった場合でも確実にシュートを決められるように組まれた、樋口メソッドが光るメニューだ。
また、最後の筋力トレーニングでは、サッカーらしく腹筋や側筋、背筋運動をヘディングと組み合わせて鍛えるメニューを紹介する。体幹を意識した腕立てジャンプなどと組み合わせて、実戦の中での瞬間的な速さ、コンタクト後の復元力を強化し、球際の強さを生み出していく。
◎アジリティトレーニング1
◎アジリティトレーニング2(いろいろなステップからシュート)
◎アジリティトレーニング3(クロスから長い距離を走ってシュート)
◎ボールを使ったフィジカルトレーニング

ご希望の商品をチェック後、
ショッピングカートに入れるボタンをクリックしてください。

  • 商品番号: FBS-D7 (DVD 全3枚セット)
    セット価格: 17,820円 (税込)
    ポイント: 1,782ポイント (10%還元)
  • 商品番号: FBS-D71 (Disc1)
    価格: 5,940円 (税込)
    ポイント: 297ポイント (5%還元)
  • 商品番号: FBS-D72 (Disc2)
    価格: 5,940円 (税込)
    ポイント: 297ポイント (5%還元)
  • 商品番号: FBS-D73 (Disc3)
    価格: 5,940円 (税込)
    ポイント: 297ポイント (5%還元)

この商品のレビューレビュー数:3件

レビューは商品を購入した会員のみ行えます

★★★★★かなりオススメ!2018/03/08 投稿者:木田
はじめは、ボールを手で保持する練習は高校レベルに適しているのか疑問でしたが、全体を通して見ると、技術を身に付けるための樋口監督の工夫であり、経験から裏付けられた大切な練習であると感じました。ディフェンスをするためのアグレッシブな動きは現代のサッカーでもとても参考になりますし、もっと若い世代から取り入れてみても勉強になると思います。購入して良かったです。
★★★★★説明が分かりやすい2016/07/06 投稿者:sugaa
守備を強化したくて購入。
最近の子供は全体的に上手い子が多いけれど、点を取られるのを怖がり引いてしまう癖があります。アグレッシブにボールを奪う樋口さんの指導法は今の自分や子供たちにぴったりでした。
★★★★★参考になりました2015/06/23 投稿者:M.T
FBS-D71:ディフェンスの原理・原則から優先順位の徹底などディフェンスの基礎に
ついて参考になりました。
FBS-D72:様々な局面を設定した上で、各局面でのディフェンスの方法についての考
え方が参考になりました。

サンプルムービー

FBS-D71 ボールを奪う!
FBS-D72 ゴールを守る!
FBS-D73 トレーニング

この商品をチェックされた方は、こちらの商品もおすすめです