スマートフォン版に切り替える

選手アンケート

文京学院大学女子高バレー部 ~強いチームに勝つための理論と実践~
No.398
相場 麻衣文京学院大学女子高等学校バレーボール部 3年
―バレーボールを始めたきっかけ
母に勧められたため。
―現在の目標と将来の目標
日本一になることです。
―目標を達成するために努力していること
視野を広くすることです。
―ライバルとする人
 
―憧れの選手・プレイヤー
北川茉奈 選手(文京学院大学女子高校)
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
インターハイでライバル校の柏井高校に勝った時です。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
インターハイ準優勝という勝てる試合に負けたことです。
―吉田監督はこういう人
日々の生活から、人間性まで鍛えてくれます。

アンケート実施日:2015年9月15日

ページTOPへ

No.397
泉 朱音文京学院大学女子高等学校バレーボール部 3年
―バレーボールを始めたきっかけ
友達がやっていたから。
―現在の目標と将来の目標
現在:自分の役割を果たすこと。
将来:文京バレー部で得たことを活かす。
―目標を達成するために努力していること
普段の生活からきっちりすること。
―ライバルとする人
 
―憧れの選手・プレイヤー
北川茉奈 選手(文京学院大学女子高校)
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
インターハイで柏井高校にストレートで勝利したこと。
日本一のレベルに1歩近づけたような気がした。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
インターハイの決勝で九州文化学園に、及ばなかったこと。
自分達の成果が全て出せなかった。
―吉田監督はこういう人
精神的に強く成長させてくれる先生です。

アンケート実施日:2015年9月15日

ページTOPへ

No.396
牛込 果菜文京学院大学女子高等学校バレーボール部 3年
―バレーボールを始めたきっかけ
父が小学生のチームの監督をやっているから。
―現在の目標と将来の目標
今の目標は11月21日の春高予選を1位通過することで、将来は春高で優勝すること。
―目標を達成するために努力していること
人としてのレベルがまだ低いから、人間力をつけるために周りのことに気がつくスピードを上げること。
―ライバルとする人
これから戦うチーム全部。
―憧れの選手・プレイヤー
新鍋理沙 選手(久光製薬スプリングス)
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
今年のインターハイの柏井との試合
何度も練習試合をしている中で1番良いゲームだった。あの試合の文京が1番強かった。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
今年のインターハイの決勝戦(VS九州文化)
1セット目とったのに2セット目からの相手の勢いを止められずに負けたから。
自分達の日々の姿勢がまだまだだと思い知った。
―吉田監督はこういう人
人のために生きることの大切さ、チームのために自分のやるべきことを教えてくれる人。

アンケート実施日:2015年9月15日

ページTOPへ

No.395
鵜殿 桜文京学院大学女子高等学校バレーボール部 3年
―バレーボールを始めたきっかけ
姉が祖母の監督のもとでやっていたので、その影響で始めました。
―現在の目標と将来の目標
現在の目標は、このチームで日本一になることです。
将来は命を救う仕事をすることです。
―目標を達成するために努力していること
毎日、毎日を大切にし、何事にも挑戦して諦めずコツコツ努力することです。
―ライバルとする人
これから戦うチームです。
―憧れの選手・プレイヤー
柳田光綺 選手(NECレッドロケッツ)
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
インターハイの柏井戦で勝ったことです。
今までの練習試合で負けてきた相手にストレートで勝ったからです。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
インターハイ決勝戦、九州文化との試合。
2、3セットで負けが見えており、準優勝という結果で終わったこと。
―吉田監督はこういう人
私のために、とても厳しく丁寧に、時に優しくご指導なさってくれる監督です。

アンケート実施日:2015年9月15日

ページTOPへ

No.394
長内 美和子文京学院大学女子高等学校バレーボール部 3年
―バレーボールを始めたきっかけ
母と兄の影響を受けたため。
―現在の目標と将来の目標
現在:全日本
将来:オリンピック選手
―目標を達成するために努力していること
自分に足りない、レシーブの克服。
―ライバルとする人
中元南 選手(柏井高校)
―憧れの選手・プレイヤー
内瀬戸真実 選手(日立リヴァーレ)
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
インターハイ 柏井戦
勝ったのもそうですが、自分達のバレーが出来たこと。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
春高 鹿児島女子戦
自分の今までの練習の甘さが感じられた。
―吉田監督はこういう人
とても面白い先生ですが、その一方とても私達を理解して下さる先生です。

アンケート実施日:2015年9月15日

ページTOPへ

No.393
北川 茉奈文京学院大学女子高等学校バレーボール部 3年
―バレーボールを始めたきっかけ
父がバレーボールをやっていたから。
―現在の目標と将来の目標
現在の目標も将来の目標も日本一。
―目標を達成するために努力していること
毎日の練習と身体づくり。
バレーを大切にすること。
―ライバルとする人
兄弟
酒井晴香 選手(文京学院大学女子高校)
―憧れの選手・プレイヤー
山口舞 選手(岡山シーガルズ)
小池杏菜 選手(日立リヴァーレ)
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
インターハイで柏井に勝ったこと。
お互い手の内を知っている中での試合で絶対に負けたくなかったから。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
インターハイ予選の八王子戦。
今まで未熟過ぎた私たちの典型的な負け方をしたから。
―吉田監督はこういう人
監督はバレーをよく知っていて、バレーを大切にする人。

アンケート実施日:2015年9月15日

ページTOPへ

No.392
酒井 晴香文京学院大学女子高等学校バレーボール部 3年
―バレーボールを始めたきっかけ
母の友人にチームの見学に来ないかと誘われて。
―現在の目標と将来の目標
現在の目標は春高で優勝すること。
―目標を達成するために努力していること
1日1日の練習を大切にしていて意味のあるものにするよう努力している。
―ライバルとする人
いません。
―憧れの選手・プレイヤー
いません。
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
2015年インターハイで柏井に勝ったこと。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
2015年インターハイの決勝で九州文化に負けたこと。
―吉田監督はこういう人
時に厳しく時に面白くて、バレーに熱い人。

アンケート実施日:2015年9月15日

ページTOPへ

No.391
佐藤 望文京学院大学女子高等学校バレーボール部 3年
―バレーボールを始めたきっかけ
父と姉がやっていたから。
―現在の目標と将来の目標
春高出場を決め、日本一になること。
―目標を達成するために努力していること
自分の弱点を無くすために練習する。
―ライバルとする人
文京のレシーバー全員。
―憧れの選手・プレイヤー
佐野優子(元バレーボール選手)
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
インターハイで柏井に勝ったこと。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
インターハイで九州文化学園に負けたこと。
100%の力を出し切れなかった。
―吉田監督はこういう人
熱く指導をして下さる先生です。
面白いです。

アンケート実施日:2015年9月15日

ページTOPへ

No.390
塩塚 綺文京学院大学女子高等学校バレーボール部 3年
―バレーボールを始めたきっかけ
先輩からのお誘い。
―現在の目標と将来の目標
現在の目標は春高出場。
将来の目標は春高で日本一!
―目標を達成するために努力していること
レギュラーに対する声掛けを忘れず、1つ1つの行動を素早く行なうこと。
―ライバルとする人
文京学院バレー部みんな。
―憧れの選手・プレイヤー
柳田光綺(NECレッドロケッツ)
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
高校生最後のインターハイ(2015年度)で準優勝したこと。
高校入学して今までにない成績だったため。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
インターハイ(2015年度)で長崎県代表九州文化学園に負けて、惜しくも日本一を逃したこと。自分たちのミスの多さ、日本一になるという強い気持ちが足りなかったことが負けた原因だったと思う。
―吉田監督はこういう人
吉田監督は誰よりもバレーボールを大切にしている人。
心のこもったご指導をして下さる人。

アンケート実施日:2015年9月15日

ページTOPへ

No.389
髙津 友香文京学院大学女子高等学校バレーボール部 3年
―バレーボールを始めたきっかけ
両親に勧められたため。
―現在の目標と将来の目標
春高で優勝すること。
―目標を達成するために努力していること
日々の練習で。
―ライバルとする人
いません。
―憧れの選手・プレイヤー
柳田光綺 選手(NECレッドロケッツ)
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
インターハイで柏井に勝ったこと。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
関東大会で細田学園に負けたこと。
勝てる試合で負けてしまったから。
―吉田監督はこういう人
常に食べ物を口に含んでいる印象です。

アンケート実施日:2015年9月15日

ページTOPへ

No.388
富澤 結花文京学院大学女子高等学校バレーボール部 3年
―バレーボールを始めたきっかけ
小学校バレー教室の見学をして楽しいと思ったから。
―現在の目標と将来の目標
日本一
―目標を達成するために努力していること
高さや力のある相手に負けない身体づくりと細かい技術。
―ライバルとする人
いません。
―憧れの選手・プレイヤー
栗田楓 選手(共栄学園)
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
2015年度インターハイ
決勝のコートで試合が出来たから。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
2013年度春高予選
この試合があったから今があると思います。
―吉田監督はこういう人
いっぱい美味しい食べ物を知っている。

アンケート実施日:2015年9月15日

ページTOPへ

No.387
中田 昌希文京学院大学女子高等学校バレーボール部 3年
―バレーボールを始めたきっかけ
母、姉がバレーボールをしていたため。
―現在の目標と将来の目標
日本一
―目標を達成するために努力していること
人としてのレベルを上げる。
―ライバルとする人
今後戦うチーム。
―憧れの選手・プレイヤー
佐野優子(元バレーボール選手)
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
インターハイで柏井にストレートで勝てたこと。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
インターハイ準優勝。
九州文化に敗北。
―吉田監督はこういう人
日本一バレーボールを大切にしている人。

アンケート実施日:2015年9月15日

ページTOPへ

No.386
牧野 桃花文京学院大学女子高等学校バレーボール部 3年
―バレーボールを始めたきっかけ
父に勧められて。
―現在の目標と将来の目標
現在:春高優勝
将来:バレーボール関係の仕事に就く。
―目標を達成するために努力していること
他人の2、3倍の練習を心掛けている。
―ライバルとする人
栗田楓 選手(共栄学園)
―憧れの選手・プレイヤー
竹下佳江(元バレーボール選手)
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
インターハイで柏井に勝ったこと。
試合前の練習ゲームで1回も勝っていなく、勝てると思わなかったから。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
インターハイの九文戦。
自分たちの力が出せなかった。柏井や他のチームの想いに応えられなかったから。
―吉田監督はこういう人
厳しいけど頑張っている姿をちゃんと評価してくれる人。
普段はとても気さくで面白い。

アンケート実施日:2015年9月15日

ページTOPへ

No.385
レラ 留奈文京学院大学女子高等学校バレーボール部 3年
―バレーボールを始めたきっかけ
たまたま訪れた体育館でバレーボールをやっていて楽しそうだったから。
―現在の目標と将来の目標
いち早くチームのためになる人間になり、日本一になること。
―目標を達成するために努力していること
全てのプレーを完璧に出来るようにするための練習をしている。
―ライバルとする人
これから戦う人、全員。
―憧れの選手・プレイヤー
竹下佳江(元バレーボール選手)
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
インターハイで柏井の選手のスパイクをブロックすることが出来、チームの役に立てて嬉しかった。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
ほとんどの大会で、最後の最後に自分が原因で崩れ、負け、全員の頑張りを無駄にしてしまい悔しい。
―吉田監督はこういう人
日本一バレーボールが好きで、大切にしている監督。

アンケート実施日:2015年9月15日

ページTOPへ

No.384
伊藤 彩夏文京学院大学女子高等学校バレーボール部 2年
―バレーボールを始めたきっかけ
テレビで全日本女子バレーの試合を観て格好良いと思ったからです。
―現在の目標と将来の目標
練習で泣いて試合で笑うことです。
―目標を達成するために努力していること
自分を追い込む。
―ライバルとする人
自分自身です。
―憧れの選手・プレイヤー
佐野優子(元バレーボール選手)
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
近畿総体
いつも以上に1点取った時の皆の顔が輝いていたことです。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
今年のインターハイで優勝出来なかったことです。
今までの自分達の練習に対する姿勢に1番悔いが残りました。
―吉田監督はこういう人
常に私達が成長出来るような場を与えて下さる方だと思います。

アンケート実施日:2015年9月15日

ページTOPへ

No.383
岡山 莉子文京学院大学女子高等学校バレーボール部 2年
―バレーボールを始めたきっかけ
お母さんの影響です。
―現在の目標と将来の目標
日本一になること!
―目標を達成するために努力していること
レギュラーが頑張れるように精一杯サポートすること。
―ライバルとする人
チームの皆。
―憧れの選手・プレイヤー
木村沙織 選手(東レアローズ)
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
中学最後の大会で1回戦を突破したこと。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
中学最後の大会で2回戦敗退になったこと。
―吉田監督はこういう人
凄く厳しいけど生徒達を笑わせてくれる凄い人。

アンケート実施日:2015年9月15日

ページTOPへ

No.382
岸 結夏文京学院大学女子高等学校バレーボール部 2年
―バレーボールを始めたきっかけ
両親の影響で。
―現在の目標と将来の目標
現在:人として成長したい、1戦を勝ちたい。
将来:人の役に立つ人間にある。
―目標を達成するために努力していること
常にその試合をイメージしながら、声を張り上げてプレーすること。
―ライバルとする人
全国にいる上手いレシーバー。
―憧れの選手・プレイヤー
佐藤澪 選手(トヨタ車体クインシーズ)
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
試合は特定しませんが、皆が本当の笑顔になった試合です。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
インターハイで勝負していなかったこと。
―吉田監督はこういう人
心でバレーを教えて下さるとても面白い先生です。

アンケート実施日:2015年9月15日

ページTOPへ

No.381
國本 美咲文京学院大学女子高等学校バレーボール部 2年
―バレーボールを始めたきっかけ
中学生の時に、先輩に誘ってもらいました。
―現在の目標と将来の目標
現在:日本一になる。
将来:人に何かを教えられる人になること。
―目標を達成するために努力していること
技術を磨くことはもちろん、ただ時間が過ぎていく生活を送らいないようにしている。
―ライバルとする人
いません。
―憧れの選手・プレイヤー
迫田 選手
長谷部 選手
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
中学の時の冬季大会で初めて勝利した時に、「チームが一つになったんだ」と感じた時。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
中学3先生最後の大会で、自分がマークされ、それにびびって負けてしまい、情けなさを感じました。
―吉田監督はこういう人
1人1人の性格を細かく理解していて、選挙を凄く大事に思っている人。

アンケート実施日:2015年9月15日

ページTOPへ

No.380
小桜 野恵文京学院大学女子高等学校バレーボール部 2年
―バレーボールを始めたきっかけ
父の影響。
―現在の目標と将来の目標
日本一になること。
―目標を達成するために努力していること
日々の練習で、1本1本を大切にする。
―ライバルとする人
自分
―憧れの選手・プレイヤー
田原愛里 選手(デンソーエアリービーズ)
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
日頃から練習試合をやっているからこそ、インターハイで柏井に勝った時。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
日本一の目の前まで行けたのに、インターハイで九州文化に負けたこと。
―吉田監督はこういう人
チーム全員のことを見てくれている。

アンケート実施日:2015年9月15日

ページTOPへ

No.379
小柳 奈帆美文京学院大学女子高等学校バレーボール部 2年
―バレーボールを始めたきっかけ
両親がバレーボールをやっていたこともあり、その影響で始めたのがきっかけです。
―現在の目標と将来の目標
現在:文武両道です。
将来:困っている人を1人でも多く救うことです。
―目標を達成するために努力していること
誰よりもボールを触ることを周りに感謝し、生活することです。
―ライバルとする人
まずは自分自身に勝たないといけないです。
―憧れの選手・プレイヤー
竹下佳江(元バレーボール選手)
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
中学の最後の大会の時にチーム全員で団結し、勝てたことです。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
ジュニアの県大会で南畑に負けたことです。
―吉田監督はこういう人
吉田先生はチーム1人1人のことを理解してくれる先生です。

アンケート実施日:2015年9月15日

ページTOPへ

No.378
染野 愛奈文京学院大学女子高等学校バレーボール部 2年
―バレーボールを始めたきっかけ
母がやっていたから。
―現在の目標と将来の目標
現在:チームに貢献出来る人間になること。
将来:人の役に立つことをすること。
―目標を達成するために努力していること
人のために行動する。
―ライバルとする人
誰にも負けない。
―憧れの選手・プレイヤー
佐野優子(元バレーボール選手)
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
去年の春高予選
コートもベンチも応援も全てが1つになっていたから。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
春の高校バレー
―吉田監督はこういう人
生徒1人1人のことをとても考え、勝ちたいという思いが強い人。

アンケート実施日:2015年9月15日

ページTOPへ

No.377
田口 稚奈文京学院大学女子高等学校バレーボール部 2年
―バレーボールを始めたきっかけ
母がやっていたから。
―現在の目標と将来の目標
今年、来年春高に出場する。
―目標を達成するために努力していること
私は選手ではないので常に選手のことを考え、その時その時に私がしなければならないことを全力でやる。
―ライバルとする人
特にいません。
―憧れの選手・プレイヤー
長岡望悠 選手(久光製薬スプリングス)
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
チームが1つになって試合に勝てた時。(どんな試合でも)
―いままでの試合で一番悔しかったこと
全力を尽くせず負けてしまった時。
―吉田監督はこういう人
私達のことを全て分かっている凄い先生で、とても面白いです。

アンケート実施日:2015年9月15日

ページTOPへ

No.376
竹内 彩恵文京学院大学女子高等学校バレーボール部 2年
―バレーボールを始めたきっかけ
姉の影響で始めた。
―現在の目標と将来の目標
現在:バレーボールを通して人として成長する。
将来:バレーボールでの経験を活かして1人の女性として出世したい。
―目標を達成するために努力していること
食事制限。家でのトレーニング。
―ライバルとする人
自分自身。
―憧れの選手・プレイヤー
島村春世 選手(NECレッドロケッツ)
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
中学生の時の夏の大会
対戦相手は大崎中学。チームメイトが怪我をしてしまったが勝てて良かった!!
―いままでの試合で一番悔しかったこと
中学生の時の関東大会
対戦相手は駿台中学。勝ったことがあるチームに負けたから。
―吉田監督はこういう人
時に厳しく、時に面白く、的確なご指導をしてくれる。

アンケート実施日:2015年9月15日

ページTOPへ

No.375
多田野 さくら文京学院大学女子高等学校バレーボール部 2年
―バレーボールを始めたきっかけ
テレビで全日本を見ていてやりたいと思ったからです。
―現在の目標と将来の目標
目標は春高出場。
―目標を達成するために努力していること
部活を全力でやること。
―ライバルとする人
特にいないです。
―憧れの選手・プレイヤー
古賀紗理那 選手(NECレッドロケッツ)
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
中学の時、関東決めて大崎に勝った時。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
中学の関東大会で勝てる所で負けてしまったこと。
全国大会で負けたこと。
―吉田監督はこういう人
いつも選手のことを思って注意してくれたり、自分達にとってプラスになることを日々指導して下さっている先生です。

アンケート実施日:2015年9月15日

ページTOPへ

No.374
橋場 萌香文京学院大学女子高等学校バレーボール部 2年
―バレーボールを始めたきっかけ
小さい頃、身長が高かったため、友達からバレーボールに向いている体型だと誘われたきっかけです。
―現在の目標と将来の目標
現在:今年、来年春高出場。
将来:水族館に勤めること。
―目標を達成するために努力していること
部活全力、勉強必死!
―ライバルとする人
特にいません。
―憧れの選手・プレイヤー
長岡望悠 選手(久光製薬スプリングス)
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
ジュニアの時、全国大会決定戦で惜しくも2位だが出場出来たこと。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
ジュニアと中学の全国大会で負けた時。
―吉田監督はこういう人
普段、何も言葉では言わないが、しっかり私達のことを見ていて下さっている。
監督にもっと見てもらいたいです!

アンケート実施日:2015年9月15日

ページTOPへ

No.373
奥山 日菜子文京学院大学女子高等学校バレーボール部 1年
―バレーボールを始めたきっかけ
知り合いに紹介してもらいました。
―現在の目標と将来の目標
春高で日本一になる。レギュラーになる。
―目標を達成するために努力していること
上から強くコースに打ち分けられるようになる。
―ライバルとする人
今はいないです。
―憧れの選手・プレイヤー
長岡望悠 選手(久光製薬スプリングス)
石川祐希 選手(中央大学)
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
初めてのインターハイで決勝戦まで連れていってもらったこと。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
中学の引退試合で負けたこと。
―吉田監督はこういう人
時に面白くて、時に厳しく間違ったことは絶対に言わない人です。

アンケート実施日:2015年9月15日

ページTOPへ

No.372
桶谷 美桜文京学院大学女子高等学校バレーボール部 1年
―バレーボールを始めたきっかけ
先輩に誘われて始めた。
―現在の目標と将来の目標
春高で日本一になること。
―目標を達成するために努力していること
一球一球考えてプレーしていること。
―ライバルとする人
今はいないです。
―憧れの選手・プレイヤー
柳田光綺 選手(NECレッドロケッツ)
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
小学校の時、先輩の代で県大会優勝したこと。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
全中で聖和に負けて終わったこと。
―吉田監督はこういう人
厳しい時もあるけど、いつもは面白い。

アンケート実施日:2015年9月15日

ページTOPへ

No.371
菅野 真央文京学院大学女子高等学校バレーボール部 1年
―バレーボールを始めたきっかけ
姉の影響。
―現在の目標と将来の目標
春高で日本一になること。
―目標を達成するために努力していること
日々の練習から気持ちを込めて取り組む。
―ライバルとする人
今はいない。
―憧れの選手・プレイヤー
柳田光綺 選手(NECレッドロケッツ)
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
小学校の全国大会でサーブを決めたこと。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
中学の全国大会で聖和に負けてベスト16で終わったこと。
―吉田監督はこういう人
バレーボールと気持ちを指導してくれる。

アンケート実施日:2015年9月15日

ページTOPへ

No.370
熊谷 有優奈文京学院大学女子高等学校バレーボール部 1年
―バレーボールを始めたきっかけ
先輩に誘われて興味を持ったからです。
―現在の目標と将来の目標
春高に出場し、日本一になることです。
―目標を達成するために努力していること
1つ1つの練習に考えを持って取り組むことです。
―ライバルとする人
今はいないです。
―憧れの選手・プレイヤー
柳田光綺 選手(NECレッドロケッツ)
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
小学校の東京都大会で上野エンジェルスとの試合で勝利し、全国大会を決めることが出来たことです。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
小学校の全国大会でベスト8決めの時、熊本大津に負けてしまったことです。
―吉田監督はこういう人
練習は厳しく普段は優しい方です。

アンケート実施日:2015年9月15日

ページTOPへ

No.369
黒田 結衣文京学院大学女子高等学校バレーボール部 1年
―バレーボールを始めたきっかけ
姉がやっていたから。
―現在の目標と将来の目標
春高で日本一になること。
―目標を達成するために努力していること
毎日の練習を最初から最後までやり抜くこと。
―ライバルとする人
今はいないです。
―憧れの選手・プレイヤー
木村沙織 選手(東レアローズ)
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
小学校の関東大会でサンダースとやり、自分のジュニアでも、千葉でも初優勝が出来たこと。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
小学校の全国大会の決勝で室町とやり、フルセットで負けて、全国準優勝だったこと。
―吉田監督はこういう人
指導力が凄い。

アンケート実施日:2015年9月15日

ページTOPへ

No.368
信太 風花文京学院大学女子高等学校バレーボール部 1年
―バレーボールを始めたきっかけ
友達に誘われたからです。
―現在の目標と将来の目標
日本一になることです。
―目標を達成するために努力していること
日々の練習に真剣に取り組むことです。
―ライバルとする人
坂本 選手(共栄学園)
―憧れの選手・プレイヤー
上野香織 選手(NECレッドロケッツ)
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
良い結果を残すことが出来ていないのでまだないです。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
中学の全国大会で聖和に負けたことです。
―吉田監督はこういう人
厳しさの中に優しさがある方です。

アンケート実施日:2015年9月15日

ページTOPへ

No.367
神農 紅文京学院大学女子高等学校バレーボール部 1年
―バレーボールを始めたきっかけ
姉がやっているのを見て、興味を持ったから。
―現在の目標と将来の目標
春高で日本一になること。
―目標を達成するために努力していること
教えてもらったことを意識して、練習に取り組むこと。
―ライバルとする人
レシーバーの人達。
―憧れの選手・プレイヤー
佐野優子(元バレーボール選手)
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
中学の頃の区民大会で1度もセット取れなかった相手にセットを取れたこと。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
中学、最後の区大会で1位になれなかったこと。
―吉田監督はこういう人
チーム1人1人のことを良く見て的確な指導をしてくれる人。

アンケート実施日:2015年9月15日

ページTOPへ

No.366
橋本 麻椰文京学院大学女子高等学校バレーボール部 1年
―バレーボールを始めたきっかけ
ジュニアのポスターを見て見学しに行ったことから。
―現在の目標と将来の目標
三冠をとってみたい。
―目標を達成するために努力していること
言われたことを意識してなおしていくこと。
―ライバルとする人
今はいません。
―憧れの選手・プレイヤー
佐野優子(元バレーボール選手)
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
小2の時に人数が足りなくて出た試合で準優勝したこと。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
中学の全国大会で優勝出来なかったこと。
―吉田監督はこういう人
バレーになると恐いけど、普段は面白くて優しい先生です。

アンケート実施日:2015年9月15日

ページTOPへ

No.365
花澤 佳奈文京学院大学女子高等学校バレーボール部 1年
―バレーボールを始めたきっかけ
小学校のバレーボールの先輩に誘われたから。
―現在の目標と将来の目標
春高で日本一になること。
―目標を達成するために努力していること
日々の練習と私生活。
―ライバルとする人
東谷 選手
―憧れの選手・プレイヤー
佐野優子(元バレーボール選手)
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
インターハイでの柏井戦でストレートで勝てたこと。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
全中の長崎聖和戦で情けない試合をしてしまったこと。
―吉田監督はこういう人
面白くて頭の良い人。

アンケート実施日:2015年9月15日

ページTOPへ

No.364
山本 美月文京学院大学女子高等学校バレーボール部 1年
―バレーボールを始めたきっかけ
保育園に通っていた時、TVで全日本の試合を観て格好良いと思ったから。
―現在の目標と将来の目標
チームとしては、春高で優勝すること。
個人としては、ユニフォームを着て試合に出ること。
―目標を達成するために努力していること
1つ1つの練習を一生懸命頑張ること。
―ライバルとする人
チームのレシーバーの人。
―憧れの選手・プレイヤー
新鍋理沙 選手(久光製薬スプリングス)
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
小学校バレーの時、地区1位だったチームに勝てたこと。
自分が点数をたくさん決められたので嬉しかった。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
今年のインターハイで九州文化に負けてしまったこと。
1セットとったのに、自分達の力を出し切れなかった。
―吉田監督はこういう人
レギュラーだけでなく、しっかり全員のことを見てくれていると思う。

アンケート実施日:2015年9月15日

ページTOPへ

No.363
渡邉 ジュノ文京学院大学女子高等学校バレーボール部 1年
―バレーボールを始めたきっかけ
姉の影響
―現在の目標と将来の目標
春高で日本一になること。
―目標を達成するために努力していること
チームの足を引っ張らないで、自分で考えて行動すること。
―ライバルとする人
チームのレシーバー。
―憧れの選手・プレイヤー
柳田光綺 選手(NECレッドロケッツ)
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
インターハイで準優勝したこと。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
全国大会で聖和に負けてベスト16で終わったこと。
―吉田監督はこういう人
時には厳しく、時にはチームを和ませてくれる監督。

アンケート実施日:2015年9月15日

ページTOPへ

選手アンケート学校一覧