スマートフォン版に切り替える

選手アンケート

No.031
出口 クリスタ松商学園高等学校柔道部 3年
―競技を始めたきっかけ
近くに道場があった。
―現在の目標と将来の目標
出る試合優勝。シニアの大会で勝っていけるように練習する。
―目標を達成するために努力していること
普段の練習から意識していく。
―ライバルとする人
芳田 司 選手(福岡敬愛)
―憧れの選手
貝山 仁美 先生
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
ジュニアで、インターハイのとき負けた相手に勝って優勝できたこと。
講道館杯で初めてシニアの大会で勝てたこと。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
 
―山口監督はこういう人!
自分のことを理解して話をきいてくれる人

アンケート実施日:2013年11月17日

ページTOPへ

No.030
津金 恵松商学園高等学校柔道部 3年
―競技を始めたきっかけ
父が高校の柔道の監督をしているため。
―現在の目標と将来の目標
現在:シニアの大会で優勝。
将来:オリンピック優勝。
―目標を達成するために努力していること
毎日の練習を工夫する。
―ライバルとする人
自分
―憧れの選手
谷本 歩実 選手
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
インターハイの決勝で宮崎商業の松本選手に勝ち、初めてインターハイで優勝したこと。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
春の高校選手権決勝で技を返されて負けてしまったこと。
―山口監督はこういう人!
お父さん

アンケート実施日:2013年11月17日

ページTOPへ

No.029
山田 侑佳松商学園高等学校柔道部 3年
―競技を始めたきっかけ
体が大きかったから。
―現在の目標と将来の目標
感謝の気持ちを伝える。
―目標を達成するために努力していること
出来る限り練習に出る。選手のサポートをしっかりする。
―ライバルとする人
みんな
―憧れの選手
塚田 真希
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
中学の時、最後の試合で優勝できたこと。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
インターハイで勝っていたのに、最後に返されて負けたこと。
―山口監督はこういう人!
いつも全員のことを見て理解してくれている。

アンケート実施日:2013年11月17日

ページTOPへ

No.028
佐藤 果歩松商学園高等学校柔道部 3年
―競技を始めたきっかけ
武道がやりたかったから。
―現在の目標と将来の目標
全力を出し切る。山口監督をはじめとする周りの方への恩返し。
―目標を達成するために努力していること
妥協をしない。
―ライバルとする人
仲間
―憧れの選手
中村 美里 選手
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
目標としていた選手に勝てた時。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
勝てていた選手に負けてしまった時。
―山口監督はこういう人!
怒るときも褒めるときも必ず全て意味があり、部員一人ひとりを理解してくれる。
山口監督のお陰で成長することができ、信頼できる監督です。

アンケート実施日:2013年11月17日

ページTOPへ

No.027
熊谷 日加里松商学園高等学校柔道部 3年
―競技を始めたきっかけ
お父さんが柔道をやっていて、道場に見学へ行った。
―現在の目標と将来の目標
全国で活躍できる選手になる!
―目標を達成するために努力していること
不器用でも、どんな練習も一生懸命取り組むこと!
―ライバルとする人
出口 クリスタ 選手
―憧れの選手
福見 友子 選手
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
初めて北信越高校総体で準優勝したこと。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
大会のたび決勝で出口に負けたこと。
―山口監督はこういう人!
時には厳しく、時には優しい、本当に良い監督です。

アンケート実施日:2013年11月17日

ページTOPへ

No.026
原 琳々子松商学園高等学校柔道部 2年
―競技を始めたきっかけ
兄が先に柔道を始めていて、見学に行ったら自分もやりたいと思い始めた。
―現在の目標と将来の目標
全国大会で優勝すること。将来は日本体育大学に行って体育教師になる。
―目標を達成するために努力していること
今は力をつけたいからロープを上ること。
―ライバルとする人
 
―憧れの選手
鈴木 桂治 選手
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
1年生の新人戦でずっと勝てなかった人に勝てたこと。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
インターハイの団体戦で負けたこと。何もできなかったから。
―山口監督はこういう人!
自分のことをよく理解してくれている。
マイナスになるようなことを言わないので、試合のときに居てくれると心強い。

アンケート実施日:2013年11月17日

ページTOPへ

No.025
武居 沙知松商学園高等学校柔道部 2年
―競技を始めたきっかけ
父親が先生と知り合いだったため。
―現在の目標と将来の目標
全国優勝
―目標を達成するために努力していること
毎日の練習で、課題を持って意識してやること。
―ライバルとする人
 
―憧れの選手
 
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
自分の目標である全国優勝は達成できていないので一番嬉しかったことはないです。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
たくさんあって1つに決められません。
―山口監督はこういう人!
みんなのことを理解してくれて、いろいろなアドバイスをしてくれる監督です。

アンケート実施日:2013年11月17日

ページTOPへ

No.024
齋藤 理香子松商学園高等学校柔道部 2年
―競技を始めたきっかけ
父・兄・姉がやっていたから。
―現在の目標と将来の目標
レギュラーに入り、団体でも個人でも全国で勝つこと。
―目標を達成するために努力していること
自分に甘くしない、妥協しない。
―ライバルとする人
小野 華菜恵 選手
―憧れの選手
國原 頼子 選手
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
インターハイ予選でずっと負けていた相手に勝ったこと。
全階級制覇できたこと。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
ジュニアの県予選で自分の階級だけ落としてしまったこと。
―山口監督はこういう人!
みんなのことをよく理解してくれる。

アンケート実施日:2013年11月17日

ページTOPへ

No.023
小野 華菜恵松商学園高等学校柔道部 2年
―競技を始めたきっかけ
母親のすすめ。
―現在の目標と将来の目標
日本一。
高校の体育教師。
―目標を達成するために努力していること
毎日の練習。
―ライバルとする人
自分以外の全員。
―憧れの選手
谷本 歩実 選手
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
選手権でベスト8になったこと。
初めて全国で入賞したから。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
年下に試合で絞め落とされたこと。
―山口監督はこういう人!
よく理解してくれて、ついていきたい監督。

アンケート実施日:2013年11月17日

ページTOPへ

No.022
等々力 瑛乃松商学園高等学校柔道部 1年
―競技を始めたきっかけ
兄が最初に柔道をやっていたから。
―現在の目標と将来の目標
現在:全国大会に出て一つでも多く勝つ。
将来:高校にいるうちに全国のトップになる。
―目標を達成するために努力していること
毎日の練習。
―ライバルとする人
 
―憧れの選手
 
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
中学3年生の時の県大会決勝で、判定2対1で全国大会を決めた時。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
1つには絞れません。
―山口監督はこういう人!
生徒とのコミュニケーションを大切にしていて、生徒の調子や体調などにとても気を遣ってくれる先生。
自分で自分の調子が分からないときにも先生が気づいて下さることもある。

アンケート実施日:2013年11月17日

ページTOPへ

No.021
清水 郁佳松商学園高等学校柔道部 1年
―競技を始めたきっかけ
兄について行って、カッコイイと思いはじめた。
―現在の目標と将来の目標
63kgの1、2位でどの大会も終わる事。インターハイで上位へ。
―目標を達成するために努力していること
苦手な寝技の克服・決め技を作る事。
―ライバルとする人
 
―憧れの選手
 
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
中学3年生の県大会で優勝できたこと。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
北信越で、勝てる相手に逃げ切られたこと。
―山口監督はこういう人!
時に厳しく、時に優しく。
生徒1人1人をよく見てくれている。

アンケート実施日:2013年11月17日

ページTOPへ

No.020
大塚 咲穂松商学園高等学校柔道部 1年
―競技を始めたきっかけ
弟がやっていて自分もやりたいと思った。
―現在の目標と将来の目標
大会で相手から一本とること。
出場できる大会すべて優勝する。
―目標を達成するために努力していること
トレーニングなどで1位を取れるところから取っていく。
―ライバルとする人
 
―憧れの選手
 
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
県予選で初めて3位になったこと。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
新人戦で今まで練習してきたことが全然出せなくて、恩返しができなかったこと。
―山口監督はこういう人!
練習中の動きを見て、悪い所やおかしい所を理解するまで丁寧に教えてくれる。

アンケート実施日:2013年11月17日

ページTOPへ

No.019
上原 万智子松商学園高等学校柔道部 1年
―競技を始めたきっかけ
父と兄が柔道をしていて、かっこいい・楽しそうと思ったから。
―現在の目標と将来の目標
現在の目標はインターハイ優勝。
将来の目標はオリンピック出場です。
―目標を達成するために努力していること
自分の直したい部分を特に意識を持って練習しています。
先生に言われたことは素直に真っ先に取り組むことを意識して練習しています。
―ライバルとする人
 
―憧れの選手
 
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
北信越大会の決勝で、競っていた相手にGSで自分の得意技の背負い投げでポイントをとって勝ったときです。練習してきたことが出せたことも嬉しかったです。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
福岡インターハイで1回戦目にきれいに負けたこと。
ほとんど何もすることができずにとても悔しかったです。
―山口監督はこういう人!
柔道の知識を沢山知っていて、技の入りなど詳しく分かりやすく指導してくれる監督です。

アンケート実施日:2013年11月17日

ページTOPへ

No.018
伊藤 ななせ松商学園高等学校柔道部 1年
―競技を始めたきっかけ
小学1年生のとき、6年生だった兄のクラスメイトの女の子が全国大会で準優勝したのに憧れたから。
―現在の目標と将来の目標
今の目標はインターハイ優勝。
将来は世界で活躍したい。
―目標を達成するために努力していること
練習に毎日参加し、目的をもって誰よりも内容の濃い練習をするよう取り組んでいる。
―ライバルとする人
 
―憧れの選手
 
―いままでの試合で一番嬉しかったこと
中学3年生の時の全中団体戦で、先鋒で出て奈良県の本郷さんに大内で一本を取ったこと。
練習試合では引き分けだったけど、終盤で初めてやった組み際の大内が決まったから嬉しかった。
―いままでの試合で一番悔しかったこと
高校1年生のときの北信越大会で、富山県の細川さんとの準決勝戦、ポイントを取って勝っていたのに、自分の中で変に焦ってしまい、頭から突っ込んで負けたことが今までで一番悔しかったこと。
―山口監督はこういう人!
選手自身の柔道が出来るよう一番に考えてくれる。先生と選手との壁をつくらず、相談などコミュニケーションがとりやすい。

アンケート実施日:2013年11月17日

ページTOPへ

選手アンケート学校一覧

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

当サイトは個人情報保護の為、
SSL暗号化通信を採用しております。